ポポイの散策割れに続けと嘆く

ささくれが咲く大日の朝

完全プロ化に向かって一歩ずつ来ていると言うが

今、バレーボールのVリーグを行っていますが現在完全にプロ化を目指そうとしている。

あるアンケートの結果ですが女子は7チームでプロ入り参戦するならいいと思われているが男子も同じようにすると5チームが完全プロにしたいと言う。

これは男子プロバスケットボールリーグが誕生してこれからどう活気にするればいいのか考える時が来たと言う。

2020年に東京五輪が行われる事で主催国をどう活躍をするのが課題となっている。

この様にしてプロ化を目指すことになるが難題もあると言う事になると企業名を外す必要がある。

地名の名前になっているのもごくわずかだと言う事になる。

過去にはプロ選手を認めて欲しいと企業とのトラブルがあって解雇する事件も起きている。

その後は認められているのですが今の時代には必要だと思っているかも知れないと言う。

今後、完全プロになるのにはいろんな苦難をするのではと思われている。

チームの数は6でもいいと思っているがこれをどうするのか完全プロ化になる前にやる事だと思っている

コメントは受け付けていません。