ポポイの散策割れに続けと嘆く

ささくれが咲く大日の朝

ジョージマイケルは日本の岡村靖幸だ

ワム!のジョージマイケルが亡くなりました。

ワム!でアイドル的な人気を博した世界的大スターで、その後ソロでアーティスティックなシンガーソングライターとしても活躍し、才能と華を兼ね備えた偉大なアーティストでした。

彼は、レコード会社とトラブルを抱えたり鬱病や薬物依存と闘っていたことから、かなり作品数が少ないアーティストでした。しかし、彼のファンはずっと彼を待ち続けるぐらい、そんなダメな所すら愛くるしい、人間性全体を含めて応援していたファンが多かったように思います。

日本で、音楽性も通じ合い、またポジションも近く、経歴やパーソナリティが似てるアーティストは、まさしく岡村靖幸です。

彼は、3回逮捕されてもなお、ファンからそのダメさを受け入れた上で、ずっと復活を待望されていました。そして、ファンの応援の後押しもあり、完全復活を果たしました。

ジョージマイケルも、ファンの声がもっともっと彼のもとまで届いていれば、違う結果になっていたかもしれないと思うと、ただただ残念です。

コメントは受け付けていません。