ポポイの散策割れに続けと嘆く

ささくれが咲く大日の朝

旅行会社てるみくらぶについての記事

破産手続きが始まってしまったてるみくらぶの内定者はだいたい50人ぐらいはきのうの説明会に来ていたので、50人ぐらいはいますと話をしています。

会社が破産したことについてはあと5日後には社会人になるんだという気持ちで準備を進めていたし、そういう思いでいたのでこれから先どうしたらいいのか先が見えない状態で、どうしたらいいのか分からない気持ちでいっぱいでした

てるみくらぶは、来月1日に入社予定だった約50人の内定者を、27日に本社の近くに集めて説明会を開きました。山田社長が破産に至った経緯を説明し、全員の内定取り消しを通告しました。内定者のなかには、すでに地方から東京に引っ越してきて、家賃を払えない可能性がある人もいるということです。

一方、てるみくらぶの契約件数は約3万6000人で、旅行が中止になったり予約金が返金されなかったりするなどの影響が懸念されているということです。わたしはてるみくらぶについてはニュースを聞くまで知りませんでしたが、このような事件が明るめにでてしまったことでますます信用がなくなっていくのではないかと考えています。

会社が倒産してしまった以上、それ以上ひどいことにはならないような気がしますが今度は個人的な問題まで明るめに出てしまうのであろうと思います。

コメントは受け付けていません。